雪中送炭通信 本紙号 2015 8月号 vol.40

INDEX 雪中送炭通信2015年8月号目次

今月の特集/第11回 医療通訳士養成講座・アンケート結果報告

6月27日・28日、第11回医療通訳士養成集中講座を東京・両国で開催しました。東京では昨年の2月以来の開催となった今回は、過去最高の101名の方が参加。これまでは留学生の方が中心でしたが、今回は既に通訳として活躍されている方や医療機関に勤務する方など、社会人の方が多く参加されました。
医療通訳の基礎講座に加え、『マナー講座』や『日本の医療機関に関する特別セミナー』他、弊社コーディネータ/医療通訳士による『PET検査通訳時における注意事項』『通訳業務で注意すべきポイント実例』などの特別講演もあり、受講生の皆さんは熱心に耳を傾けていました。
今月号の特集では、今回受講された皆様のアンケート結果をご報告します。

各項目とも高いスコアを残す結果に。

今回参加された受講生に対し、「講師のプレゼンテーション・スタイル」、「セミナーの長さ」、「セミナー資料の内容」、「全体的なセミナーの質」、「生かせる度合い」の5つの項目について5点満点で採点していただきました。その結果、4.7点から4.5点と各項目とも評価が高く、多くの受講者に満足していただくことができました。

セミナーに対する評価(5点満点)   回答数:77

講師陣や現場の体験談などに高い評価。

今回の講座で印象に残ったことを聞いたとこころ、「日本人・中国人の講師とも皆プロ意識の高い方々」、「資料は実用的で詳しく、講師は熱心で話し方が上手」、「マナーの講義では、ユーモアを交え、わかりやすく説明していただいた」など、講師の質の高さについて高い評価をいただきました。また、「実際の医療現場での話が聞けてとても良かった」など、現場での具体的な体験談に興味を持った方も多くいらっしゃいました。この講座を受けて新たな発見をされた方もいらっしゃったようで、「MRI時、コンタクトや厚化粧がNGだと初めて知った」、「お客様に対しても断ることも必要なことを知った」といった解答が寄せられました。
今後期待することとしては「長期講座を希望」、「もう少し濃い内容のものを」といった意見も寄せられました。日本抗加齢センターでは受講者の皆さんの意見を参考にしながら、これからもよりよい講座の開催を目指してまいります。

医療通訳募集!
日本抗加齢センターでは、中国語・医療通訳士を随時募集しています。医療通訳士としてのスキルを確認する無料『通訳スキルテスト』を受けてみませんか?
詳しくは下記にお問い合わせください。
お問い合わせ 日本抗加齢センター株式会社 人材サービス事業部
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com

求人情報/日本抗加齢センターに依頼のあった求人情報の一部をご紹介します。

こちらでは弊社が扱う求人情報の一部をご紹介します。貴方に合う求人情報が見つからない場合は、直接弊社の『就職諮詢服務』にご連絡頂ければ、中国語の出来るスタッフが貴方の状況に合わせて求職のお手伝いをさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 日本抗加齢センター 人材サービス事業部
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com
企業 募集職種 年齢 勤務地
製薬 学術情報部門のマネージャー 40~49歳 東京
製薬 発注・在庫管理担当サブマネージャー 35~49歳 つくば市
製薬 新薬メーカー出身者で、製剤の工業化検討・
スケールアップ・生産技術の部門に詳しい方
50~60歳 つくば市
製薬 安全管理部のお客様相談、添付文書作成関係 不問 東京
製薬 信頼性保証本部(品質保証) 不問 滋賀
製薬 バイオ製剤開発経験者・無菌製剤製造経験者 不問 岐阜

その他、日本の医師免許、看護師免許、薬剤師免許取得者、母国で医大/看護大/薬科大をご卒業されている方、製薬/治験企業での研究開発職、ファーマコビジランス、CRA、統計解析(SAS)などの経験者は是非弊社にご登録ください。
弊社は中国人留学生を中心としたグローバル人材のための就職・転職支援を無料でご提供しております。
弊社のキャリアコンサルタントが「履歴書」や「職務経歴書」等の書き方指導他、面接対策、キャリアデザインなども全て無料でご提供しています。

Information

今秋、大阪で医療通訳士養成集中講座を開催!申込受付中です。

来る10月10日(土)・11日(日)の両日、第12回医療通訳士養成集中講座を大阪で開催します。参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

■日程:10月10日(土)/11日(日)
※医療通訳士養成集中講座は2日間連続のコースになります
■会場:大阪会議室 梅田北新地店
■費用:無料※但しテキスト/資料代金として3,000円/人を申受けさせて頂きます。
   (尚、受講者全員に通常3,024円(税込)の医療通訳ハンドブックを1冊無料進呈)
■定員:50名(先着順・定員になり次第締め切りとさせていただきます。)
持参するもの:お弁当(外出してのランチも可)

■講義プログラム
●1日目 10月10日(土)

時限 時間 講座内容
1時限目 10:00~10:40 ・挨拶と講座の概要
2時限目 11:00~11:50 ・医療通訳士としての自覚
・マナー基本五原則(1)
休憩 11:50~12:20 ・昼食休憩
3時限目 12:20~13:20 ・マナー基本五原則(2)
・仕事の進め方の大前提
・電話対応の基本
4時限目 13:30~14:20 ・日本の医療システム紹介と一般的通院
・救急のパターン
5時限目 14:30~15:30 ・医療知識の習得
6時限目 15:40~16:40 ・特別セミナー
 『日本の医療機関』
 『PET検査通訳時における注意事項』
 『通訳業務で注意すべきポイント実例』

●2日目 10月11日(日)

時限 時間 講座内容
1時限目 10:00~10:50 ・医療通訳という通訳の特異性と心構え
2時限目 11:00~11:50 ・日本の医療習慣について
・医療通訳現場での振舞い
3時限目 12:00~13:00 ・考えられる主な言語表現の習得
休憩 13:00~13:30 ・昼食休憩
4時限目 13:30~15:00 ・総合ロールプレイング
・まとめ・質疑応対
5時限目 15:00~16:00 ・テスト実施
※ 時間割等は若干相違する場合もあります。

■会場地図

■会場:大阪会議室 梅田北新地店
■住所:〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル3階 第4会議室
■交通:大阪市営地下鉄 谷町線 東梅田駅 7番出口 徒歩約4分
    http://www.osakakaigishitsu.com/kaigi/os0034/

お申込み/お問い合わせを受け付けします。
e-mail:kouza@koukarei.com
担当:林艶(リン・エン)

外国人も多く訪れる日光で、医療ツーリズムを。―獨協医科大学日光医療センター×日本抗加齢センター株式会社―人間ドックと宿泊をセットにしたパックツアーをワンストップでご提供

四季折々の豊かな自然、身も心も温まる温泉、世界遺産の日光東照宮など、日本有数の観光地を訪ねながら人間ドックを受ける。獨協医科大学日光医療センター様では、1泊2日の人間ドックとホテル宿泊を組み合わせた外国人向けの医療ツーリズムを実施しています。
日本抗加齢センター株式会社は、医療通訳の派遣やコーディネート業務で獨協医科大学日光医療センターと連携し、中国からのお客様のために医療ツーリズムをサポートしています。

【獨協医科大学日光医療センター様・医療ツーリズムのご案内】
●人間ドック:1泊2日
●宿泊:下記のホテルからお選びいただけます
 ※費用は人間ドック検査費用込の金額です。
・あさやホテル 86,510円~
・ホテル鬼怒川御苑 79,550円~
・鬼怒川グランドホテル 93,400円~
・鬼怒川金谷ホテル 102,710円~
・鬼怒川温泉ホテル 84,350円~
・ホテルサンシャイン鬼怒川 84,350円~

ご予約、スケジュール調整、事前の必要書類の整備等の一切のコーディネート/医療通訳サービス/医療翻訳(希望の場合のみ)を日本抗加齢センターがサポート。
―料金―
■コーディネートフィー・・・25,000円+税
■医療通訳料金・・・16,000円+税(半日4時間まで)26,000円+税(全日8時間まで)
■翻訳・・・文字数、ページ数で変動しますのでお問い合わせください。(ご希望の場合のみご提供)
尚、検査項目やオプション検査などの詳細は弊社までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 日本抗加齢センター 国際医療支援事業部
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com

活動報告 日本抗加齢センターの最近の活動をご紹介します。

国際モダンホスピタルショウ/ホスピタルショウカンファレンス「国際化時代の医療通訳」参加報告①

7月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催された国際モダンホスピタルショウ2015。当展示会のホスピタル・カンファレンスにて行われた『国際化時代の医療通訳』をテーマとしたスペシャルセッションに、日本抗加齢センター・国際医療支援事業を統括する営業企画部より、部長・荘司泰也と林艶(国際医療支援事業部/コーディネーター・医療通訳士)が参加、国際的な医療通訳の現状と今後の課題を含む各プレゼンテーションを拝聴して参りました。弊社事業との関連性からも、プレゼンの中で特に印象的なお話を、今月と来月の2回に渡って報告させていただきます。

■医療通訳とは何か?
医療通訳の果たす役割や業務範疇を含め、未だ社会的な認知度が低く、特に、利用する側の理解が不足しているために様々な問題が起こり得るという内容でした。これは、弊社が医療通訳士のみを派遣するサービスの際に度々抱える大きな問題になりつつあります。医療通訳士には、文化的なギャップを埋める意味での現場のマネジメント能力が必要不可欠ではあります。そのため、言葉を訳して伝える以外に、医療行為が円滑に行われるための適切なガイダンスや、誤解や齟齬を事前に阻止するためのリーディングスキルが求められます。例えば医療ツーリズム(健診/検診)で医療機関を訪れる外国人は、言葉はもちろん、検査の流れや院内での立ち振る舞い(マナー)など、右も左も分かりません。事前に用意すべき書類や検査前/検査時の禁止事項についても同様です。そのため、通訳の前段階において、コーディネーターであるエージェントが、検査開始から終了までの流れを事前に受診者にしっかりと説明して同意を頂く他、滞りなくスケジュールが進むような手配の責任を負いますが、これがなかなか行われていないケースが多く、医療通訳士が現場で、本来業務以外の調整に追われる、あるいは、場合によっては行う責任が全くないような業務に追われるような事も多々あります。(この場合、調整を行わない事には検査に支障が生じ、せっかく海外からきた受診者にも医療機関にも迷惑が掛かかってしまうという判断で行う完全な人助けの領域となります)。それどころか、検査の開始時間すら正確に伝わっていないようなケースも過去にはありました…。問題は、通訳派遣依頼元であるエージェントに事情を説明しても、なかなか理解や協力を得られないところにあります。
国際医療のコーディネート事業には多くの法人・個人が新規参入の傾向にありますが、右から左に流すだけのような取り組み方であれば、今後は淘汰される時代になるのではと強く感じていますし、法規的にそのような動きもあるようです。(次号に続く)

弊社関連会社・ABC JAPANがインドネシア人向けの介護の教科書を制作


■PERAWATAN LANSIA CARA JEPANG
介護補助
●A4版 172ページ

弊社関連会社・ ABC JAPANでは、外国人技能実習制度の対象に「介護」が加わることを見越して、日本の介護の現場でアジアから来た外国人がすぐに仕事に慣れ、即戦力として力を発揮できるよう、実践的な教科書を企画・編集しました。
教科書の編集には日本人介護士・看護師に加え、日本で働く外国人介護士・看護師も参加。実際に日本の介護の現場を経験している外国人の視点を加味することで、外国人の方が学びやすい教科書にしました。学習に必要な授業時間は90時間。これだけは覚えておいて欲しい知識や用語に絞ってわかりやすく解説しています。また、インドネシア語・日本語対訳本になっているため、介護と日本語の勉強が同時にできます。
ABC JAPANでは、この教科書を提携するインドネシアの看護大学等に支給し、大学の講座の一つとして組み込んでもらうことで、日本の介護の現場で戦力となる人財を育成してまいります。

中国人スタッフの連載コラム 蕎麦   国際医療支援事業部 コーディネーター/医療通訳士

[志村坂上-さやの湯処]
最近私が好きになったところはここ! え?真夏に温泉?と思われる方も大勢いらっしゃるかと思います。しかし、忙しく仕事に追われた日に、真夏の夜の温泉を楽しんでみたら思い掛けない収穫があるかも。特に冷え性で悩んでいる女性にとっては、とりわけ効果的かと思います。「さやの湯処」は東京都内にあり、屋内・屋外に多種多様な温泉が用意されています。心身ともにくつろげるマッサージやアロマテラピーもありますので、ぜひ一度体験してみてください。

雪中送炭 医疗翻译手册 医療通訳ハンドブック 好評発売中!

本書は医療通訳士を目指す中国人の方はもちろんのこと、一般の方にもわかりやすく読めるよう編集しました。急なトラブルや事故、または体の不調により医療機関に訪れる際に、すぐに役立つ内容が満載されていますので、ぜひお手元に置かれることをおすすめいたします。
書籍版とデジタル版がございます。

書籍版 価格:3,024円(税込)・送料:日本国内・無料/中国・1,000円(税込)
デジタル版 価格:2,117円(税込)

ご購入方法 電子書店「ブックパブ」で購入(書籍版・デジタル版) 電話で注文(書籍版のみ)日本抗加齢センター 03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)※中国語でも対応可能です

電子書店「ブックパブ」

試し読みはこちらから

■書名:雪中送炭 医翻手册
‐医療通訳ハンドブック‐
■著者名:照川眞木・楊 筱蓉・
上野昭代
■出版社:万来舎
■監修:日中医療交流協会

■目次

はじめに「雪中送炭」のこころで

第1章/日本の医療システム
日本と中国における医療習慣・システムの違い
日本における医療施設の分類
医療施設における一般の診察の流れ
日本の医薬分業システムと処方
入院・治療・検査の流れと心得
日帰り手術・人間ドックの流れ
外国人が利用できる医療施設について

第2章/医療通訳という仕事と心構え
一般通訳と医療通訳の差異
医療通訳において持つべき倫理
医療通訳において持つべき知識と注意
医療通訳現場の理解と振る舞い
手術の場合の適正通訳(IC・同意書)実践例
人間ドックの場合の適正通訳・実践例
医療通訳士Q&A

第3章/医療通訳士として身につけておきたいマナー
日本における職業意識
マナー基本五原則
医療通訳士としての心得
医療通訳にあたる前に

資料集/日本独特の痛み表現と翻訳の難しい表現

人体各部位の名称一覧
問診表
造形CT検査説明書・同意書

日本企業への就職を希望する中国人の皆様へ 就職咨詢服務 中国人就職相談サービス

日本企業への就職を希望する中国人のための相談窓口「就職咨詢服務」を開設しております。日本語でも中国語でも対応できるこのサービスは、文化や習慣の異なる日本の企業に就職するための情報から、就職の心構え、企業情報など広くアドバイスいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 日本抗加齢センター 就職咨詢服務
TEL:03-3511-1170(受付時間 平日10時~18時)
E-MAIL:info@koukarei.com

中国人の採用をご希望の企業様からのお問い合わせもお待ちしております。

ご意見・ご感想大募集! 雪中送炭通信に対するご意見やご要望・ご感想をお聞かせください。
今後の編集に反映させていただきたいと思います。
●ご意見・ご感想等はメールで
E-MAIL:info@koukarei.com
※ メールの件名欄に「雪中送炭通信」と入力の上ご送信ください。

★	次号は、9月4日(金)に発行する予定です。

中国語・医療通訳 随時募集中 医学の知識のある方、大歓迎!

雪中送炭 医疗翻译手册 医療通訳ハンドブック 医療通訳の必読書

無料 就職咨詢服務 中国人就職相談サービス

ご意見・ご感想大募集!

本メールマガジンの記事および広告掲載に関するお問合せは以下までお願いいたします。

日本抗加齢センター株式会社 日中交流事業部
TEL.03-3511-1170  FAX.03-3511-1174  e-mail info@koukarei.com
〒102-0073 東京都千代田区九段北 1-9-16 九段KAビル6F