中国語による中国人のための 就職咨詢服務
日本企業への就職・転職をお考えのあなたへ
中国人のリクルート活動をサポートしている私たちがアドバイスします。

日本企業への就職・転職に成功する人、失敗する人。
日本に留学しながら日本の企業への就職を希望するなど、日本企業への就職・転職を希望する中国人が増えています。しかし、首尾よく就職・転職できる人と、残念ながらうまくいかない人がいるようです。この両者の違いはどこにあるのでしょう?必ずしも能力の違いだけとは限らないようです。

私たちの会社では、日頃から多くの中国人の方と接しています。そこで気づくのが、ちょっとしたことで、あなたが損をしているのではないかということです。例えば履歴書や経歴書ひとつとっても、日本語としておかしい部分があるとマイナスの評価を受けてしまいます。面接のときの服装や言葉づかいでも印象が変わります。また、新卒であれば就職活動を始める時期を知らずに出遅れてしまうケースもあります。さらに、なぜその会社に入社したいのか、その会社でどのようなことをしたいのかなどが明確でないと、なかなか就職できません。これらは、あなたの本来の能力とは違う部分での評価になります。

どこに注意すれば、就職・転職がうまくいくか。中国語でアドバイスします。
中国人のあなたの採用を計画する日本の企業の多くは、中国をはじめ世界でビジネスを展開している企業です。中国語、日本語はもちろん英語力も必要になります。また就職する上で有利になる資格もあります。

日本企業への就職・転職を希望するあなたに少しでも力になれるよう、日本抗加齢センターでは中国語による中国人のための「就職咨詢服務」を開設しました。文化や習慣の異なる日本の企業に就職するために、あなたがなかなか気づかない点などをアドバイスします。微妙なニュアンスを正確に伝えるために、中国語による相談も承っています。

相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

日本抗加齢センター・日中交流事業部「就職咨詢服務」
電話 03-6380-8687
受付時間・平日午前9時〜午後6時(担当 李・君島) ※中国語可